​終活の一環として「任意後見契約」

​ 万が一、将来、認知が原因で、自身で財産管理が出来くなる場合もあります。

 その様な時に備え、あらかじめ信頼できる人にやってもらいたい事を頼んでおくと安心です。

 手続きは、公証人役場でしますので、更に安心です。司法書士はそのお手伝いをする事が出来ます。

 本契約を結ぶ事により、悪徳商法の被害からも法律上、利用者を助けてくれる事になります。

​ 詳しくは、日本公証人連合会HP

安心 おばあちゃん.jpg